のぞみ保育園

園長ごあいさつ

ライン

当園は、のぞみ幼稚園として1956(昭和31)年に歩みだしました。それから55年後の2011(平成23)年に現在の認定こども園になりました。
認定こども園になり0歳からの未就学児をお預かりしています。この世代は、一言で「かわいい」と表現出来ますが、人間形成の基礎作りで最も大事な時です。
そのことを念頭に下記三つの理念を掲げています。

★神様と人々に 愛されていることを 感謝する子ども
★よく考え 豊に感じ のびのび表現できる子ども
★それぞれの違いを認めあい 思いやりの心を養い 希望をもって生きる子ども

これは教職員としての願いでもあり、キリスト教保育の精神に通じるものです。
お預かりするこども達が、愛されていることを体感し、園での生活を楽しみ、のびやかに育つことを夢みながら、お子様をお預かりしています。

私のすきな聖書の言葉は次の通りです。

マタイによる福音書7章12節
「だから、人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい。」
フィリピの信徒への手紙 2章4節
「めいめい自分のことだけでなく、他人のことにも注意を払いなさい。」

当学園は、子育てサポート企業として認定されています。
学校法人岩手キリスト教学園の教職員就業規則に掲げられている【法人の理念】
岩手キリスト教学園はイエス・キリストとの交わりに支えられて、互いに信頼し合い、
連帯して共にこども達の心身の健全な発達を願い設立された法人です。
そのため、各施設はイエス・キリストとの枝となり、キリストの栄光を証しするために、
以下の点を心がけるようにしています。

①イエス・キリストとの交わりを大切にする。  (礼拝・人格)
②法人諸規制等を守り、誠実な働きをする。   (法令遵守)
③互いに尊重し合い育ち合える職場環境をつくる。(信頼・連帯)

園長

園長 村上 義治

園の概要

- 創立 -

1956年(昭和31年)1月27日 現在までの卒園児数 2,629名

- 位置 -

◆園の向かい側には岩手大学工学部のキャンパスが広がっております。
◆館坂橋から丘の上を見上げれば園の教会の十字架が見えます。

- 環境 -

◆2001年11月に新校舎が完成し、2011年3月には認定こども園のため追加建築をしました。
2011年4月より使用開始。2階部分が保育園舎です。全体が、バリアフリーで冷暖房完備です。
安全で快適な環境となり、こどもたちはのびのびと毎日を過ごすことができるようになりました。
保護者の活動ルームはエレベーターを使っての3階です。
◆全体で7台の防犯カメラが設置されております。
◆登降園時は、電子カードを使用し、より一層安全が確保されております。